加盟について

加盟登録

一般財団法人全日本空手道松涛館(全空松:AJKS)では最小5人のメンバーがいる団体が加盟できます。
加盟団体はそれぞれの所在地の地区協議会に所属することになります。

北海道地区協議会 北海道
東北地区協議会 青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島
関東地区協議会 茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨
北信越地区協議会 新潟・長野・富山・石川・福井
東海地区協議会 静岡・愛知・三重・岐阜
近畿地区協議会 滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山
中国地区協議会 鳥取・島根・岡山・広島・山口
四国地区協議会 香川・徳島・愛媛・高知
九州地区協議会 福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄

入会について

一般財団法人全日本空手道松涛館の会員の入会について

本法人設立目的

  1. 空手道の健全な発達とその普及を図り、もって国民の錬成に寄与する。
  2. 公益財団法人全日本空手道連盟(以下「全空連」という。)の発展に必要な協力をする

募集会員の種別

  1. 個人会員 加盟団体に所属し、この法人の目的に賛同して入会した者
  2. 賛助会員 この法人の目的に賛同して入会した者

加入団体及び会員の募集対象

  1. 本法人の設立発起人及び役員等の保証する団体及びその会員
  2. 全空連加盟団体の会(部)長の推薦する団体及びその会員
    1. (1) 都道府県空手道連盟会長から推薦を経て本法人に加盟申請する。
    2. (2) 全空連の競技団体会(部)長から推薦を経て本法人に加盟申請する。
    3. (3) 地区協議会の推薦する団体及び会員

(注1)申請団体の代表者は全空連公認3段以上若しくは全空松4段以上を有する者とする。また、友好団体の連合体による組織を設けて加盟申請することもできる。

(注2)1、2のいずれも本法人の設立発起人及び役員等2名から申請承認(自署捺印)を、3については当該地区協議会承認を得て、会員5名以上の団体として本法人に加盟申請する。

(注3)本法人の設立発起人及び役員等2名からの申込承認(自署捺印)を受けることができない場合は、「入会申込に係る団体等の概要について(全空連加盟団体推薦団体用:別紙様式)を申込書類と同時に必ずご提出してくだい。
なお、記入については、記入例をご参照ください。

本法人設立発起人及び役員等名簿(申請承認者名簿)
設立発起人代表 笹川 堯
設立発起人 津山 捷泰、澁谷 孝、栗原 茂夫、有竹 隆佐、
近藤 彰郎、阪梨 學、香川 政夫、奈藏 宣久、
松井 武男、西谷 賢、馬場 良雄、桜井 藤雄、
杉守 吉之輔、波多 洋治、田中 長剛、林 広高、
浅井 健二、山川 和忠、伊志嶺 実、芝田 俊雄、
小松 幸司、立津 明長
役員等 村上 誠一郎、津山 克典、眞下 欽一、森下 勝司、
中川 保司、林 誠次、喜島 智香子、金山 亨鐘

(順不同)

賛助会員の入会申請

全空松事務局まで問い合わせること。申請に基づき審議する。

不承認の基準

入会申込をした個人又は団体が以下の何れかの項目に該当する場合、その者(団体)の入会を承認しないことがある。

  1. 本法人の目的に賛同していないとき。
  2. 全空連若しくはその加盟団体から除名処分を受けたことがあるとき。
  3. 入会申込書の記載事項に虚偽記載があるとき。
  4. その他、会長が会員として不適当と認めたとき。

入会手続き

  1. 本法人の入会組織(地区協議会)の基盤が充実するまでは、別に定める入会申込書により、本法人に申し込むことができる。
  2. 入会は、理事会がその可否を決定し、会長が申請団体を通して本人に通知するものとする。
  3. 申込書類
  4. 申込書類手順
    1. (1) 入会を希望する5名以上の会員を入会申込書(個人用)に記入、所属する団体に提出する。
    2. (2) 個人入会申込一覧に入会希望の会員を転記し、本法人のメールアドアドレス「ajks@fork.ocn.ne.jp」にデータで提出する。
    3. (3) 入会申込書(団体用)に、「本法人の役員等及び設立発起人2名」の署名押印を受け本法人へ提出する。
    4. (4) 入会希望団体が複数ある場合は、入会申込総括表に転記のうえ、本法人へ提出する。

(問い合わせ先)
全空松事務局 嘉村郁子 電話: 03-5534-2488

会費

団体入会金 20,000円
個人会員 1,000円/年
賛助会員 10,000円/年

(注) 個人会員の年間会費は1,000円とし、当該年度の有効期限は3月31日までとする。なお、100名以上の登録会員を有する団体は会費の還付金制度を適用できる。