第2回全国空手道選手権大会の開催

9月25日(日曜日)日本武道館において、第2回全国空手道選手権大会を開催。昨年度の総括を踏まえ各地区協議会代表選手、理事会推薦選手など1,000名程度に限定しましたが、盛大に開催できました。

本年度は、全空連を通してカザフスタン、ウズベキスタンから参加希望があり、少年から一般まで延べ15名の選手の参加があったのが特色です。

今大会においても全日本強化選手、ジュニア強化選手など強豪選手が活躍し、ハイレベルな競技が展開され、一般の部の形・組手とも新チャンピオンが誕生しました。

【第2回全国空手道選手権大会の結果】

ajks_20160925_1
一般組手で優勝し会長旗を手にした釜口幸樹選手(右)と森口彩美選手(左)